【解決】ゴルフウェアを着用してゴルフ場まで行くと、靴と合わない問題

ゴルフウェア

ゴルフ場へ持って行く荷物を軽量化したいと考えている私。
しかしゴルフウェアスタイルに、パンプスってなんだか変…私が毎回悩むこの問題を解決していきます。

ゴルフ場へ行くときの格好

ゴルフウェアを着用してゴルフ場へ行くことは、ほとんどのゴルフ場で良しとされています。
しかし靴に限ってはそうではありません。
ゴルフシューズを履いたままゴルフ場へ行くことは、どこのゴルフ場でも認められていません。

ゴルフ場へ行くときの服装

ゴルフ場へ行くときの服装には

①ゴルフウェアを着て行く
②私服を着て行き、到着してからゴルフウェアに着替える

という2つの場合があります。

ゴルフ場へ行くときの靴

ゴルフ場へ行くときには靴には注意しなければなりません。
ゴルフシューズを着用してクラブハウスへ入場することは禁止されているからです。
これはどこのゴルフ場でも定められている共通のルールです。

ゴルフシューズを履いたままの行き帰りを禁止している理由は、ゴルフコースの中に外の菌を持ち込まないためです。
芝はデリケートなので、外から持ち込まれる菌が原因となって枯れてしまうことがあるのです。

女性の場合、ゴルフ場への行き帰りの際にはパンプスを着用することが義務付けられています

夏場にはサンダルを履きたくなりますが、つま先やかかとが見えるタイプのものはセミフォーマルとは言えません。

 (8119)

【問題】 ゴルフウェア×パンプスのアンバランスさ

先ほどご紹介した行き帰りのスタイルですが、ゴルフウェアに私服のパンプスを合わせると、なんとも言えないアンバランスさを醸し出してしまいますよね…。

基本的にゴルフシューズというのはスニーカー(運動靴)です。
ゴルフシューズに似合うスタイルにデザインされているゴルフウェアと、セミフォーマルなパンプスの相性が抜群だとは当然言えませんよね。

レディライクなワンピースタイプのゴルフウェアなど、一部どちらでも似合うようなデザインのものはありますが一部です。

ですので、こうしたアンバランス問題に悩むゴルフ女子は少なくないでしょう。

そこで私が我流で編み出した、アンバランスさを解消させるアイディアをご紹介していきます。

ウェアと靴のアンバランスさを解消するアイディア2つ

ここでわがままな私が重要視しているのは

①着替えの手間は最小限にしたい
②荷物を増やしたくない

という2点です。つまりは労力も荷物も最小限でいたいということ。

それでは、最小限の労力と荷物でこの問題を解決していきましょう!

 (8120)

①ボトムスだけ履き替える:おすすめは白パン!

上下私服で行き、到着してからすべてを着替えるというのは結構な手間です。
予期せぬ道路渋滞などがあり、ゴルフ場への到着がギリギリとなることを想定した場合にも、なんだか気忙しく感じてしまいます。

そこで私は
●トップスはゴルフウェアを着用ポロシャツを着ることが多いので、「襟付きの服で入場」というエチケットルールにも対応できる!
●ボトムスのみ私服を履いて行き、到着してからゴルフウェアに履き替える
ということを行っています。

ポロシャツにも似合い、パンプスにも似合うボトムスでおすすめなのが白パンです。
万能で合わせやすい上に、上品なセミフォーマルにもぴったりです。


ラウンド時とは別のボトムスを履いて行くというときには、ゴルフウェアに着替えたときに必要なインナーパンツなどを持って行くことをお忘れなく。

②ローファータイプの靴を履いて行く

ゴルフ場での行き帰りの靴はパンプスがおすすめだと書いてきましたが、ローファーもドレスコードに当てはまる靴です。

ローファーデザインのゴルフシューズも登場していますので、そうしたゴルフシューズにぴったりのゴルフウェアの着こなしが得意という方もいらっしゃるでしょう。

少しヒールアップされているデザインのものだと、より品良く決まります。

ちなみに、カジュアルな印象の強いミネトンカも、見方を変えれば革靴という認識に当てはまるそう。


こうした靴を履いて行くときには、ゴルフシューズを履くときに必要な靴下を持って行くことをお忘れなく!

まとめ

ゴルフウェアと靴のアンバランスな悩みにおすすめの解決策は次の2つ。

① ボトムスのみ私服を履いて行く→おすすめなのは白パン!
②パンプスをローファーに変えてみる

このアイディアを実践するときには、
●ゴルフウェアの着用時に必要なインナーパンツ
●ゴルフシューズを履くときに必要な靴下

を忘れないように注意しましょう。

荷物を余計に増やすことがなく、到着後の労力も最小限に♥




\ゴルフ場の予約はじゃらんゴルフでポイントを貯めよう/




タイトルとURLをコピーしました